0〜3ヶ月

混合育児迷走中その4—ミルクの足し方

混合育児迷走中その4

やっさんの混合育児迷走ぶりをお伝えするシリーズ、4回目を迎えました。

混合育児迷走中その1—おっぱいを吸ってくれません!迷走始まる – やっさんたっさんの子育て隊

 

混合育児迷走中その2—3時間の呪縛に苦しむ – やっさんたっさんの子育て隊

 

混合育児迷走中その3—3時間の呪縛からの解放!そして救世主現る! – やっさんたっさんの子育て隊

 

前回混合育児につまづいていたやっさんの前に現れた救世主。
今回は新生児訪問で出会った救世主の方wに教えて頂いた、ミルクの足し方をまとめていきます。

※ちなみに教えて頂いた時期は生後1ヶ月半頃になります。

 

今までのミルクの足し方

とにかく病院から指導があったのは毎回おっぱいの後にミルク60mlを足すこと。

 

なのでひたすらそれだけをやっていました。

 

ネットではおっぱいとミルクを交互にあげたり、夜はミルクを多くあげたり、
という話などいろいろ書いてありましたが、

 

まずミルクだけにするならどれぐらいあげたらいいかがわからない!

 

なので病院で教えてもらったやり方以外に応用が全くきかない泣

 

という状態でした。

おっぱいを無理なく続けられるミルクの足し方、の前に

この後、
「おっぱいはできるだけ続けたいけど今のままだとノイローゼになりそう」、というやっさんに救世主さんが教えてくれたミルクの足し方をまとめていきます。

 

一応念の為注意書きといいますか、下記ご留意頂けると嬉しいです。

 

あくまでもやっさんの場合ということでその時教えて頂いたことをそのまま書いていきます。

 

なのでこれから書くことが他の方にも使える方法なのかは正直わかりません!

 

ももしやっさんのような人がいたらきっと参考にはなると思いますので
これを見て自分の状況と合わせて考えて頂きたいなと思います。

 

あとこの方法はゆくゆくは完母になりたいという方やおっぱいにこだわりのある方にはあまり合わない方法かもしれないな、、と思います。
この方法を続けると赤ちゃんの方が楽なミルクの方に寄ってしまう可能性があるかなと思うので、、
(実際にタツ子も3ヶ月半の現在ちょっとずつおっぱいを飲まなくなってきています。)

 

そしてもし悩んだ時はやはりお近くの育児相談室などで保健師さんに相談できるところがあるのでそこで聞いてみるのがベストだと思います。

おっぱいを無理なく続けられるミルクの足し方

それではまとめていきますね!

 

救世主さんには

退院してから足しミルク40mlでは体重が増えなかったので3時間おき、足しミルク60mlにするよう指導されたこと、

 

その後1ヶ月健診では夜は3時間おきでなくてもいいが昼は3時間もたないので泣いたらおっぱいをあげるよう言われたこと、

 

だんだんしんどくなってきておっぱいをやめたくなってきたこと、、

 

すべてをお話しました。

その上で

 

おっぱいはいつでもやめられるけど、
1度やめたらなかなか引き返せないので、
今は無理なくお母さんがおっぱいを続けられる方法を考えよう

 

と言ってくださいました。

 

そこで教えて頂いたミルクの足し方をまとめます。

 

やっさんが今までしていた足しミルク60mlを基本として、

  • 夜はたくさん寝てもらえるようにミルクを多めに。
  • その代わり朝などのおっぱいがたくさん出ていそうな時や、自分の調子が良くて頑張れそうな時は足しミルクをせず、おっぱいだけで頑張ってみる。
  • しんどい時は思いきってミルクのみにする

という方向でやってみようと教えて頂きました。

 

具体的に例をあげると下記のような感じです。

朝起きてから7時、10時、13時→基本のおっぱい+足しミルク60ml〜80ml(ミルクの量はおっぱいの飲み具合で調整)。いけそうな時はおっぱいのみで
16時→基本のおっぱい+足しミルクでもよいが、しんどければミルクのみ120〜140mlにしても◎

※ミルクのみの時間は7〜13時に設定してもよい。この時の話では夕方おっぱいが出にくい時間帯で以前よりよくタツ子がグズっていることが多かったため夕方ミルクのみにしてみては、という話になりました。

19時→おっぱい+足しミルク100mlを飲むだけ。ここで長く寝てもらう
24〜25時→19時と同様。おっぱい+足しミルク100mlを飲むだけ。

 

夜はたくさん寝てもらう、
そして昼も自分の調子に合わせておっぱいを頑張って飲んでもらったり、
しんどければミルクだけにしたり、
いろいろと自分で調整できる方法かと思います。

 

これでやってみて、
自分の気持ちも前向きになってきてもっとおっぱいを頑張ろうと思ったらまた頻回を頑張ったらいいし、
このままでやっていってもいいと思えばこのまま続ければいいし、ということでした。

 

ただおっぱいは産後3ヶ月経ってしまうとなかなか分泌を増やすことが難しくなるようなので、おっぱいをもっと頑張ろうということであれば早めにシフトした方がいいと教えてもらいました。

 

やっさんはおっぱいをもっと頑張ろうと思うことはなかったのでw
このまま同じやり方で現在も続けています。

教えてもらったミルクの足し方を実践してみた結果

早速教えて頂いたその日の夕方から実践してみました。

 

新生児訪問の日の夕方から翌日にかけての授乳時間が下記になります。

【生後43日目】
16時 ミルクのみ120ml
19時 おっぱい右8分、左5分+ミルク60ml+搾乳40ml
(翌日)
0時 おっぱい右12分、左10分+ミルク60ml
4時 おっぱい右7分、左10分+ミルク80ml
8時 おっぱい右11分、左10分+ミルク60ml
11時 おっぱい右10分、左10分
(この時ミルクなし)
14時 おっぱい右10分、左10分+ミルク60ml

 

今まで多くても80mlしかあげていなかったので夕方ミルク120ml飲むのか心配でしたがペロッと飲んでしまいました!
しかもまだ足りなさそうにしていた、、、汗

 

0時は100ml作っても60mlしか飲みませんでした。
どの日もそうだったのでやはり深夜でおっぱいの分泌が多いからかと思います。

 

そして今までは夜3時間〜多くて4時間だった寝る時間が、いきなり5時間近く寝るようになりました!

そしてミルクのみの時間を作ることができるようになったことで、
その時間にたっさんにタツ子を見てもらってお休みしたり、
外出も以前より頻繁にできるようになりました。

 

何よりも自分やタツ子の調子と相談しながら自分でいろいろと調整できる方法、というのがこの時やっさんが求めていたものだったのかな、と思います。

 

この時いろいろと教えて頂いた方には本当に感謝しています。
(実はこの後にもお世話になったりしているのですがw)

 

さてさて、ひとまず迷走から抜け出せそうな?やっさんですが、
うまくいきそうになった、、と思ったら
またまたタツ子のおっぱい拒否が発生してしまいます泣

 

さらに次回へ続きます。

 

このシリーズ、ひとまずはあともう1回か2回で終わりそうです。

もう少しお付き合いください♪

やっさんたっさんの子育て隊の購読

当ブログは以下アカウントより読者登録して頂けます。

Twitterでは更新情報の他、ブログ運営に関する試行錯誤や
毎日家事・育児をこなす中で心に留めたいことをつぶやいています。
気軽に声を掛けて頂けると飛び上がって喜びます。

TwitterをフォローするFeedlyで購読する

POSTED COMMENT

  1. orange_comet01 より:

    母乳育児で悩んでいて、この記事にたどり着きました。
    詳しく書いてあってなるほどー、そんなやり方の病院や助産師さんがいるのね、と読ませていただきました。
    私も迷走中で…。
    過去記事へのコメントですが、嬉しかったので残していきます☆

  2. yacco_alfalfa より:

    おれこめ。(id:orange_comet01)様
    コメントありがとうございます!
    母乳はリズムができるまで本当に大変ですよね、、、
    ネットでも病院でも人によって意見が様々なので振り回されて余計に悩んでしまったり。
    おれこめさんも今悩んでいらっしゃるんですね。
    私は迷走してからはちょくちょく自治体でやっている電話相談で相談をするようになりました。
    いろんな人の意見を聞いて、その中で自分がやれそうな人の話を選んで実践していってます^^
    自分と合わなさそうな意見は無視しちゃいます笑
    電話するだけならタダだし外に出る必要もないですしね^^
    一緒に頑張っていきましょうね(^^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です