妊娠・出産

出産レポその1—おしるし?から高位破水で入院へ

出産レポその1

タツ子は昨日で生後2ヶ月を迎えました!
もう半年くらい育てている気分ですが笑

 

 

どんどんほっぺたの面積が大きくなってきています!
ともあれ無事すくすくと育ってくれて嬉しいです。

 

さてさて、今日は今更ながらの出産レポでございますw

 

出産からだいぶ時間は経ってしまいましたが、当時の日記を見て思い出しつつアップしていこうと思います。

 

一部生々しい表現も出てくるかと思いますので自己責任でお読み頂ければと思いますw

初回は妊婦健診翌日、おしるし〜高位破水で入院するところまで。

ちらっとブログでご報告はさせて頂いてましたが、もう少し詳しくまとめようと思います。

 

出産2日前

5月20日、予定日を4日超過しての妊婦健診でした。
内診にて子宮口は2cmのみ開いていると言われる。
先生に赤ちゃんが降りてきやすいように刺激(いわゆる内診グリグリ)をしてもらいました。

 

このまま生まれなければ23日にまた健診だけど、先生には「それまでには生まれるでしょう!」と断言してもらいました。

 

そろそろかな?と期待しつつ、その日はたっさんに陣痛〜出産までの流れを本で予習してもらったり、2人で予行演習をしたりして準備万端の状態でした。

出産前日—おしるし?破水?尿モレ?

健診の翌日、朝起きるとお腹が痛いことに気づきました。
痛いけれどまだまだ我慢できる痛みです。
もしや?と思い陣痛タイマーではかってみると5〜20分とかなりバラツキあり。
おそらく前駆陣痛だったのかなと思います。

 

そのままベッドで横になっていると何かが出たような感覚。
トイレに行くとショーツにピンクっぽいようなものが。
おしるしかな?いよいよかしら?と思いとりあえずシャワーを浴びました。

 

朝起きてきたたっさんにそろそろかもと伝えると今日は1日遠出は控えようということになり、近所へ散歩&買い物だけして過ごすことになりました。

 

お昼ご飯は散歩がてらマクドナルドへ。
その時新発売していたロコモコバーガーを食べましたw
この時もまた腹痛あり。
陣痛タイマーではまたも不規則な間隔です。

その後一時帰宅してから近くのスーパーへ。
とにかく早く陣痛がきてほしかったのでたっさんと一緒にたくさん歩きました。
更に散歩途中でオロナミンCを発見し、2人で飲んでみるw

 

その後また何かが出る感覚が。
おしるしか?もしかして破水?ただの尿モレ?全くわかりません。
もう少し様子を見ることに。

 

夜ご飯は作る気になれなかったのでスシローへ。
あまりお腹が空いていなかったので少ししか食べられませんでした。

 

その時もまた腹痛とおしるしか破水のようなものがありました。
そして大きい方(表現wすみませんw)がしたくなりトイレへ行ってスッキリ出しましたw
もしかすると出産前の身体の準備だったのかもしれません。

病院へ電話

度々出てくるのが破水かどうか判断がつかないため、家に帰ってネットで調べてみました。
けど、見れば見る程わかりません!
たっさんに相談するとひとまず病院に電話してみたら?と言われ間違っててもいいかと思って電話してみることにしました。

 

今日朝から何度かおしるしか破水のようなものが出ていること、腹痛があること、破水かどうかが判断できないことを伝えると、「調べてみないとわからないので入院の準備をして病院へ来てください」と言われ病院に行くことになりました。

高位破水で入院

病院に着き入院手続きをすませてから病院着と紙パンツに着替えました。
なぜか紙パンツがめっちゃキツくてもしや履けないかもと不安になりましたw
(後からマジックテープで大きさを調節できると判明w)

 

早速内診をしてもらうと高位破水かな?ということで入院することに。
この内診をしてもらってからめっちゃ血が出るようになりました。
助産師さん曰くはいい感じの出血らしいですがw
出産前から出血するとは思っていなかったのでビックリしました。

 

この時はまだ陣痛はなかったため、時間がかかるだろうということで
たっさんには一度帰ってもらい次の日にまた来てもらうことになりました。

続きます。

出産レポその2—陣痛開始〜なかなか子宮口開ききらない!

やっさんたっさんの子育て隊の購読

当ブログは以下アカウントより読者登録して頂けます。

Twitterでは更新情報の他、ブログ運営に関する試行錯誤や
毎日家事・育児をこなす中で心に留めたいことをつぶやいています。
気軽に声を掛けて頂けると飛び上がって喜びます。

TwitterをフォローするFeedlyで購読する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください