読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっさんたっさんの子育て隊

2016年5月出産予定。30代夫婦の第一子出産準備の模様と日々の記録をまったり書いていきます。

ベビー服が作りたい!裁縫初心者が高機能コンピュータミシンを購入した後編〜結局コレを買いました〜

やっさんです。


ベビー服作りのために裁縫初心者のやっさんがミシンを購入するまでのまとめ、後編です。


前編


前回ミシンの種類がありすぎて迷ってしまい、専門店におすすめミシンを聞いたところまで書きました。


今回はおすすめして頂いたミシンを比較してみます!!


今回もミシンのみの記事となりますのでご興味ない方はスルーが賢明かと思われます!笑



専門店のおすすめミシン

まずは前回のおさらいから、専門店の方におすすめして頂いたミシンを載せます。

JUKI HZL-G100

by カエレバ

業務用ミシンでトップブランドのJUKIの商品です。
う工業用ミシンで採用されているBOX送り機構が使われており、布ズレや段差などに効果を発揮するそうです。
BOX送りについてはこちらをご覧ください。

ちなみにおすすめしてくださったミシンジャパンさんのコメント

JUKIグレース100は自動糸調子、7枚送り歯、ステッチ数20種類
JUKI人気シリーズエクシードシリーズをモデルにして
特徴の工業用BOX送り機能はそのまま残し、よりシンプルで
簡単な操作性に作られたのがグレース100となります。
あまりステッチはいらないが使いやすくシンプルなミシンを
希望される方にはお勧めのミシンでございます。

シンガーコンピューターミシン・モナミヌウプラスSC217/200

by カエレバ


こちらもおすすめして頂いたミシンジャパンさんのコメントを載せておきます。

★シンガーモナミヌウSC200/SC207は
ワイドテーブル、フットコントローラー付き、静音設計、模様選択55種類、コンピューター制御自動糸調子、自動糸通し、自動糸切り機能、止め縫い、7枚送り歯、自動ボタンホール(9種類)
など多彩、縫い目長さ調節は正確な数字入力式で0~5ミリまで無段階調可能、電源コードは巻き込み式、硬質収納ケース縫い模様数は55種類と多く作るアイテムも大きく広がるコンピュータミシンです。

SC217は、これまでの人気機種シンガーモナミヌウプラスSC200の機能に加え
新たに、
・糸切れ検知センサー、
・下糸らくスルー、
・ラクラク下糸巻、
・静音糸切機能
上記の機能が加わりました。

ジャノメ JP-710N

by カエレバ

ジャノメ・JP710Nは,
4段階押え圧調節、ダイレクト模様選択4つ、縫い模様30種類、
自動糸調子、縫い模様、縫い目幅、縫い目長さ表示、7枚送り歯、
自動返し縫い/止め縫い、自動ボタンホール(自動穴かがり縫い)、
電源コード巻き込み式、ワイドクリアーテーブル付き、

ブラザー コンピューターミシン LS700

by カエレバ

スーパー糸通し、エラーメッセージ、ダイレクト選択、6枚送り歯、全自動ボタン穴かがり、押え固定ピン、スーパースロー、LEDライト、下糸クイック、簡単下糸巻き、針下停止、広スペース、自動糸切り、自動糸調子、プログラム糸切り、糸コマ前面配置、ドロップフィード、コードリール、スイッチイルミネーション、模様ライト表示

おすすめミシン比較してみた


とりあえず上記の4つの商品に絞って徹底的に調べました。
手書きで表作ったりなんかしてw
たっさん若干ひいてました笑

ここで表作るのもめんどくさいので作った手書きの表載せますよ!w

はいどーーーん!

めっちゃ汚いです、ゴメンナサイ笑
表ではもっといろんな商品比較してみてるんですが全部載せるのもややこしいので上記の4つのみにしてます。
他の商品といっても上記4機種の下位機種とかそんなのが多いです。


あと素人が調べつつ書いたものなので間違っているところとかあるかもしれません。


ちなみに◎はやっさんがほしいかなー?という機能です。


JUKI HZL-G100の自動糸調子についてですが、商品説明には自動糸調子機能は載っていません。
ただ、こちらに関してはミシンジャパンの方が詳しく説明してくださいましたのでこちらで引用させて頂きます。

■糸調子について
HZL-G100は、自動糸調子という名称を使っておりません。
手動糸調子と言う事ではございません。
業界の取り決めで、糸調子を整える個所が2か所以上ある場合のみ、
自動糸調子という名称を使うこととなっております。

HZL-G100は糸調子が1箇所のため、自動糸調子の記載がございませんが、
糸調子ダイヤルを「標準」に合わせていただければ、
他の自動糸調子ミシンと遜色なくお使いいただけます。


やっさんの印象としては

  • 縫い目の美しさはJUKIジャノメ
  • 初心者に優しいのはシンガー、ブラザー
  • 機能がシンプルなものでよければJUKI
  • 刺繍、静音はシンガー
  • 押さえ圧調節機能はジャノメ
  • 価格で選ぶならブラザー


こんなところかな?

ベビー服作りに欲しい機能

いろいろ比較していたらミシンについている機能がわんさか出てきたので、その中でもベビー服を作る際にいるかなー?と思った機能をまとめておきます。

重さ

おすすめミシンを聞いたときに教えて頂いたのが7キロ以上のものを選んだ方がよいというものです。
軽いものはパワー、耐久性など劣るそうです。

自動糸調子

糸調子を合わせるのが初心者には難しそう!なのでこれを自動で合わせてくれた方がよさそう。

押さえ圧調節

押さえ圧は布を抑える押さえ金の部分の圧力を変えることができる機能です。
ニットは伸びるのでこの押さえ圧をゆるめる必要があるとネットで見ました。
上記の4つの中ではジャノメにしかついていないのが気になるところ。

自動糸通し

上記の4機種全てについているのですが念のため書いておきます。
初心者なので簡単に糸が通せるときっとミシンが好きになると思います笑

縫い目長さ、振り幅調節

こちらも基本機能じゃないかなと思うので4つ全てについているのではないかと思いますが、ブラザーに関しては商品説明に載っていなかったので?としています。

フットコントローラー、ワイドテーブル、テフロン押さえ、上送り押さえ付属

上記ではこの4つの付属品が標準でついているかどうか比較しました。
フットコントローラーとワイドテーブルは作業のしやすさに影響すると思います。
フットコントローラーは初心者はまず持っておいた方がいいそうです!
テフロン押さえと上送り押さえは押さえ圧調節機能と同様ニットを縫う際に伸びてしまうのを防ぐものです。
この2つがあれば押さえ圧調節機能はなくても大丈夫だったりするのでしょうか???

ついていると嬉しい:自動糸切り

必須機能ではないのですが縫い終わりに勝手に糸を切ってくれたら便利ですね!

結局どれを選ぶ?

いろいろ比較してみて、1番やっさんが気になったのはJUKIのHZL-G100です。
縫い目がきれい、というところと刺繍などの機能はいらないのでシンプルな方がいいなと思いました。

ただHZL-G100は上記でも書いた通り押さえ圧調節機能がついていないんですよね。。。
これだけ引っかかってました。

それならジャノメのJP-710にするか、、、

結局やっさんが選んだのはこの機種でした。

いろいろと悩んで調べていたところ、JUKIのHZL-G100の上位機種には押さえ圧調節機能もついていることを発見。
しかも自動糸切りと下糸を簡単に通せる機能までついている!

https://www.juki.co.jp/household_ja/products/list/home/hzlf400jp.html

ミシン業界の闇にちょっとだけ触れる

でもこの機種、正確な価格が載ってるサイトがないんですよ!
載っていたとしても定価20万とか、、
後は価格はお問い合わせくださいというものばかりで。

元値が20万だったら半額でも10万だしさすがに手が出ないなーと思っていたのですが、こんなブログを見つけまして。

月とキャンプとバウルーと:ミシン購入までのお話


こちらの方が購入されたのはやっさんが選んだHZL-F400JPの更に上位機種になるのですが、かなり格安なお値段で購入されている模様。(こちらでも正確な値段は書かれていません。)


何でもネットでは一部の機種が販売を規制?されているようで値段を載せてはいけないみたいです。
その商品を載せてすらいないショップもあります。(問い合わせるとちゃんと取り扱っているのに。)


今のご時世そんな規制あり?とか思ってしまいますが仕方ないのかなぁ(´Д`|||)
ここがやっさんがミシン選びに苦戦した理由でもあります。
値段がわからないと比較のしようがない!
なんだかミシン業界の闇を垣間見たような笑そんな気分でした。


ということで高いかもしれないけれど聞くだけタダだしとりあえず聞いてみよう


そんな気持ちで前回問い合わせたお店プラス、上記のブログで紹介されていたナカニホンオンラインショップさんにこのHZL-F400JPの見積もりを依頼しました。


そしたら早速来ました、続々とメールの返信が!!
すると、こんなに安くなるのかー!というお値段でした。
私も一応正確なお値段の公開は控えておきます。
ただ、元値の半額以下です。
最初にいいなと思っていた下位機種のHZL-G100よりちょっと頑張れば買えるぐらい。
なのでもし購入を検討されている方がいらっしゃったらまず問い合わせされることをおすすめします。
はてなブログにメッセージ機能とかあったらやっさんから直接お教えすることも出来るんですが、、ないですよね?


お店に聞いてもすぐ教えてくれます。
別に買わなくても大丈夫です!笑
ミシンショップもテンプレで返してきているのかな?というお店も多く、問い合わせには慣れているのかな?といった感じでした。

さてどこで買う?

機種は決まり、見積もりが出たので後はどこで買うかということのみです!


やっさんが候補としてあげたのは
ミシン買うならミシンジャパン
ナカニホンオンラインショップさん


この2つが見積もりした中でも安かったです。(やっさんの場合です。)


ミシンジャパンさんは最初の質問からとても丁寧に対応してくださいました。


そしてやっさんが必要なミシン、フットコントローラー、ワイドテーブル、テフロン押さえ、上送り押さえを全て揃えると2つの店舗とも値段としてはあまり変わりませんでした。


ただ、ミシンジャパンさんで購入すると楽天のポイントがつく。


ナカニホンオンラインショップさんで購入するとヘビーユーザーキットという押さえ(アタッチメント)のセット5300円分と直線用針板2625円、さらに防音、防振マットがつく。
さらに銀行振込ならさらに2000円ほど安くなりました。


得なのはナカニホンオンラインショップさん、ただ、いろいろ丁寧に対応してもらったのはミシンジャパンさん、、、


そもそもヘビーユーザーキットとか直線用針板をもらっても使うのか、、、?
と調べてみたところ、どちらもこれからどんどんミシンを使うようになればいずれは必要になるかもな、というものでした。


結局お得な方のナカニホンオンラインショップさんで購入することに決定!!!
(ミシンジャパンさんごめんなさい)


楽天のスーパーセールとかポイントアップの時なんかだとミシンジャパンさんの方が得になるかもしれません。


ちなみにメンテナンスのことについても考えてどこのお店にするか決めるといいと思います。
ミシンジャパンさんはレビューを書くと保証が5年間になります。
ナカニホンオンラインショップさんも5年間保証がつきました。
ネットで調べてもどちらも丁寧な対応をしてくださるようだったのでやっさんはどちらのお店で購入してもいいなぁと思っていました。

早速届いたので使っています。

注文後、数日で届いたので早速このミシンでベビー服作り始めています!!

箱は修理の際に必要なので置いておいた方が良いそうです。


ミシン本体。


おまけでつけて頂いたヘビーユーザーキットと防振マット、通常価格より安くして頂けるということで一緒に購入した糸立て、大巻糸も来ました。


購入したミシンに使い方のDVDが付いていたので、このDVDを見ればすぐに使い始めることができました!!


感動したのはボビンへの糸巻きと糸通し
めっちゃ簡単でした〜


下糸セットが少し難しいというか、糸の掛け方がちょっとおかしくなると縫い目がおかしくなるので慣れるまでは何度かやり直しました。
(ただ、すぐに慣れましたよ!)


タツ子が寝た後に別の階で使用していますが音も全く気になりません。


自動糸切りもフットコントローラーでかかとの方を押せば糸を切ってくれるのでとても快適です。


すでに3つほど手作り完了してます!
またそちらも自分のメモとしても書いておきたいと思っています。
しばらくはソーイング記事が増えるかも( ´_ゝ`)


ミシンに関しても何かご質問あればお気軽にコメントしてください!
(初心者なので難しいことはお答えできませんが、、、笑)


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます!
お帰りの際にポチッと押して頂けると更新の励みになります〜〜!


にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月~17年3月生まれの子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 新米ママ育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村