0〜3ヶ月

混合育児迷走中その3—3時間の呪縛からの解放!そして救世主現る!

混合育児迷走中その3

やっさんの混合育児迷走ぶりをお伝えするシリーズ、今日は3回目です。

 

混合育児迷走中その1—おっぱいを吸ってくれません!迷走始まる – やっさんたっさんの子育て隊

混合育児迷走中その2—3時間の呪縛に苦しむ – やっさんたっさんの子育て隊

 

10日目健診で体重が増えておらず、授乳時間を3時間あけないように指導されたやっさん。

 

寝ているタツ子を起こしての授乳、そしておっぱいを手で押しのけるタツ子に心が折れそうなやっさんでしたが、
ついに3時間の呪縛から解放される時がやってきます。

3時間の呪縛からの解放

3時間ごとのおっぱい+足しミルク60mlで順調に体重が増えていたタツ子。
日に日に顔もふっくらとしていきました。

 

しかしやっさんはうまくおっぱいを飲んでもらえないストレスで心に余裕がありませんでした。

 

ここまできっちり3時間おきでなくてはならないのか、、、?
無理矢理起こして飲んでもらえないより、起きている間にしっかり飲んでもらった方がいいんじゃないか、、、?

という疑問が常にありました。

 

その疑問をぶつけることができたのが1ヶ月健診です。

 

この時のタツ子の体重が4180g。

ちなみに退院時からの推移はというと
出産時 3410g
退院時 3340g
10日目健診(生後12日目) 3350g
再健診(生後15日目) 3474g
1ヶ月健診 (生後1ヶ月) 4180g

再健診からでいうと1日あたり44gの増加でした。

 

ここで夜中も無理に起こしてでも3時間おきに授乳しなければいけないか先生に質問してみました。

 

すると、
「この体重の増え方であれば今までのミルクの足し方で問題ない+夜中は無理に起こさなくてよい」
とのことでした。

 

さらに言うと、
「この頃になると4〜5時間寝る子もいる。
そのかわり昼間は3時間もたないと思うので泣いた時点でおっぱいをあげるように」
と。

 

よかった!ひとまずは夜中は無理に起こさなくてもいいんだ!

 

やっさんが3時間の呪縛から解放された瞬間です笑

また頻回?さらに迷走。いやむしろ迷宮入り。

3時間の呪縛から解放されたものの、やっさんは先生の一言が気になっていました。

 

「そのかわり昼間は3時間もたないと思うので泣いた時点でおっぱいをあげるように」

 

これは頻回をするということかな、、、?

 

そこでまた昼間は3時間ごとの足しミルクの合間に泣いておっぱいが欲しそうだったらおっぱいをあげるようになりました。

 

タツ子にしたら頻回にしたり3時間ごとに無理矢理起こされたりまた頻回に戻ったり、本当にいい迷惑だと思います。

でもその時のやっさんはそれほど自分の育児に自信が持てず、いろいろな人の意見に左右されてしまっていたんですね。

 

この時の授乳時間
【生後39日目】
0時 おっぱい右10分、左10分+ミルク60ml
4時 おっぱい右11分、左10分+ミルク60ml
7時 おっぱい右10分、左9分+ミルク60ml
8時 おっぱい右7分、左10分
9時 おっぱい右10分、左10分+ミルク60ml
11時 おっぱい右9分
12時 おっぱい右10分、左11分
13時 おっぱい右10分、左10分+ミルク60ml
15時 おっぱい右10分、左10分
16時 おっぱい右10分、左10分+ミルク60ml
17時 おっぱい右10分
18時 おっぱい右10分、左10分
19時 おっぱい右10分、左10分+ミルク60ml
22時 おっぱい右10分、左9分+ミルク60ml
授乳回数14回 ミルク480ml

これ1番多かった時です。
ミルク足してるのに完母の方ぐらいの回数授乳してました。

 

一度おっぱい欲しいのかな?とあげるとあげてもあげても泣いてエンドレス。
特に夕方が多かったのでおっぱいが全然出ていなかったからか、
おっぱいとは違うことで泣いていた、
ということでしょうね。

 

今だと冷静に考えられます。
でも当時は冷静な判断が出来ない状態でしたし、精神的にもいっぱいいっぱいになっていました。

もう限界!うつ予備軍

上記の頃がやっさんが1番精神的に辛かった時期です。
この頃おっぱいの問題にプラスタツ子の原因不明のギャン泣きが度々あり、かなり気持ちが参ってしまっていました。

 

タツ子と一緒に声をあげて大泣きした日もあったなぁ、、、辛かった泣
今思い出しても泣けてきます。。

 

たっさんが心配して有休を取ってくれたり、夜中まで話を聞いてくれたりしたおかげでうつにはならずにすんだのだと思います、、、

 

たっさん曰くそれくらい当時の私は危うかったらしい。

ミルクの足し方がわからない!でも母乳相談には恐くて行けない、、、

おっぱい+ミルクがあげすぎか?足りないか?常に不安になりながら授乳する毎日。

 

そしておっぱいの時になぜこんなにタツ子が嫌がるのかもわかりませんでした。

 

ちょっと数日やっただけなのに
頻回授乳にうんざりして、
この頃は本当におっぱいやめたかったです。
「おっぱい やめ方」で何度検索したことか、、、

でもあと一歩、おっぱいをやめる踏ん切りがつきませんでした。

 

どの方法なら自分が無理せずおっぱいを続けられるのか?
どういうミルクの足し方をしていったらいいのか?
ネットで調べまくりの日々。

 

「ミルク 足し方」とか「混合育児 やり方」とかで検索しても自分の欲しい答えが出てこないんですよね。
完母を目指すための方法しか出てこない。

 

この世の中の母乳絶対な雰囲気にも押しつぶされそうになってました。

 

母乳相談も行くと母乳あげましょうって怒られそうで恐くて行けませんでした。

ついに救世主現る

そんな迷える子羊のやっさん笑に救世主が現れます。

 

なんと新生児訪問で!

 

この時もやっさん記事にしています。

 

混合育児に迷いを抱える中迎えた新生児訪問。

 

訪問してくださる人との相性もあると事前に聞いていたので、
今の悩みが軽くなる取っ掛かりでも教えてもらえたらいいやーと
あまり期待し過ぎないようにしていました。

 

しかし、ここで訪問してくださった方がまさかの救世主となったのでした。

 

その方にミルクの量、足し方なんかを詳しく教えてもらい、
やっさんがその時悩んでいたおっぱい問題が一気に解決することになります。

 

長くなりそうなので次回へ。

 

以前の新生児訪問についての記事でもこのミルクの足し方について別記事にしますーと言っていたのですがやっと書くことが出来そうです!笑

待っていた方、いらっしゃったら(いるのか!?)大変お待たせしました!
もう少しお待ちください笑

やっさんたっさんの子育て隊の購読

当ブログは以下アカウントより読者登録して頂けます。

Twitter-follow

Twitterでは更新情報の他、ブログ運営に関する試行錯誤や
毎日家事・育児をこなす中で心に留めたいことをつぶやいています。
気軽に声を掛けて頂けると飛び上がって喜びます。

TwitterをフォローするFeedlyで購読する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です